鹿島 ヒラメ釣り《2023年最終戦》

第58回

2023年12月29日(金)晴れ☀️

鹿島港 不動丸 ヒラメ釣り 《2023年竿納め》

準備編

いよいよ、2023年の最終戦!!

今年も沢山の釣行が無事に出来たことを感謝💛

色々な人たちと知り合えたことを感謝💛とても楽しかった( ^)o(^ )

さて、今回の最終戦は《不動丸ヒラメ船》しかも1番人気の加瀬船長101号船

連釣の特権を利用してN氏と101号船の⑫、⑬の釣座を確保して一度帰宅する。

ゆっくり睡眠をとってから港に到着するとすでにこのような状態。

AM2時30分 今日は混んでいる‼️

いやぁ~~~今日は混んでいるねぇ~~

4時にはすべて満船になる。

大人気の101号船 オオトモから

皆さん、早めに準備を完了して出船を待つばかり。気合入っている。

出船前には船長より注意事項がアナウンス。

『捨て糸の長さは30㎝以下!!ハリスの長さは60㎝~70㎝にしてください』

『オモリはノーマルの方は60号、80号を用意して!!ライトの方は40号、60号を・・・』

『集魚板や水中ライトは不要です。キラキラしたオモリも使わないでください』

いつも、すごく丁寧に色々とアドバイスしてくれる船長。大人気にはずだ!!

実釣編

5時45分に出船→6時30分ポイント到着。

昨日より明らかに海の状態はいい(o^―^o)ニコ

オオトモでの釣り。うしろを向いての釣りになる。みんなとは向きが違う。

フォースマスターと極鋭ヒラメMH

横流しの釣りはやりずらいかも???

まぁいいや。隣は友人Nしだし!!オマツリしたらN氏の仕掛けきっちゃえ~~(笑)(笑)(笑)

イワシが配られる。5匹くらい。今日のイワシはかなり大きいイワシが混じっている。サバもいる。

ここで船長から今日のポイントについて説明がある。

『オモリですが、ノーマルの方は80号、ライトの方は60号でお願いします』

『沖の漁礁の上を通します。起伏が非常に激しいです。5mくらい持ち上がります』

『しっかりと底取りしないとすぐに根がかります。難易度高いけど大判釣れます』

楽しそうだねぇ~~N氏と話をする。N氏の竿を見てなんでライトタックル??

この様なポイントの時は細いラインと短いロッドのメリットは見当たらないと思う。

『水深19m。用意はいいですか??一斉に投入してください。ではどうぞ~~』

さぁ始まった。第1投目。ノーマルなので80号オモリを投入。

それほど起伏を感じないが???オオトモだからズレている???なんて思っていたら・・・

『そろそろ面舵前方から漁礁に入ります。2~3m浮きますよ~~底取りしっかりと・・・』

『はい!!面舵4番HIT!!!!、続いて取舵20番もHIT!!!、面舵胴の間!!!』

始まった。ついに始まったのだ。

そしてゴツゴツの地形がやってきた。リールを一巻き、もう一巻き、さらに一巻き。

きた~~~ヒラメからのメッセージが!!!ゆっくりと合わせるとうまくかかったが・・・

ほかの人より簡単に巻ける。タモをもって近づく中乗りさん。

『なんかいらないと思う』中乗りさんは次のヒラメへと移動。

上がったのは0.3㌔の小型ヒラメ(笑)(笑)(笑)幸先の良いスタートととらえる事にしよう!!

周りでは何人かが根掛かりしている。それくらい起伏が激しい。

N氏も根掛かり中⤵⤵⤵⤵あちこちで竿が曲がっているが半分は根掛かり。

なるべく小型のイワシを選んで次の投入をする。

30秒ほどで答えが出る。またまたヒラメからのメッセージ💛

合わせも成功したが・・・これまた簡単に巻きあがる。

2投で2フィッシュ🎣

開始わずか5分!!2匹のイワシで2匹のヒラメにかわった!!!これは10枚いくな~~~(笑)(笑)(笑)

『はい!!あげてください。やり直します。』

『ここで根掛かりばかりの人はやり方を変えてください。次は5mくらい上がりますよ』

そして次の流し。3匹目のイワシでまたまたヒラメ??なんで思いながら・・・

投入後すぐに。

『面舵胴の間!!面舵前!!取舵胴の間!!』またまた始まった。

次は?なんとN氏の竿が大曲り!!中乗りさん間に合わない。

仕方なくタモ取りした。1.5㌔くらいのヒラメをGET!!おめでとう。

そしたら、自分の竿は根掛かりしていた⤵⤵⤵⤵

リールで2巻きはしておいたのだが・・・足りなかったらしい。

オモリも全部なくなり始めから仕切り直し。

またもや何人も根掛かり中。そして何人もヒラメGET中!!!

ここら辺で上がってくるヒラメは2㌔から3㌔サイズ。私は0.3㌔~0.4㌔サイズだが・・・

気分を取り直してもう一度!!仕掛け結びからスタート。

4匹目のイワシは??アタリがあり食い込みを待っていると大きくしなった。

合わせを入れるが???ドラグが滑る??(・∀・)ウン!!

待ちすぎた為、オモリが根掛かり??捨て糸を切ろうとしたら針も根掛かり⤵⤵⤵⤵

絶対にヒラメだったのに~~~

またまた仕掛け結びからやり直し。

『移動します。15分走ります。』

この時点でいい人は3枚あげている。中乗りの美奈子さんにからかわれる。

『すごいじゃない!!2枚もあげて!!』

すかさず『小型狙いだから・・・』

次のポイント到着。

『ここは粒根です。先ほどより根掛かりはしません。小さい粒根です。すぐに落とせる準備して下さい』

ここでは何もアタリが出せない。釣れないわけではない。

N氏はまたまた2㌔くらいのヒラメを釣り上げる。(このままでは負けてしまう)心の声

また次の粒根へと移動した。

今度はゴツゴツの中に入りオモリだけが引っかかっている。

捨て糸分だけ動く。何度か煽っていると糸が切れる??

同時にヒラメがHITするが・・・予定外のHITに合わせが無い!!!

当然巻上げ中にバレる。ドラグも滑っていたのである程度の大きさだったことは間違いない。

本当に下手だなぁ~~~~とつくづく実感した。

こんなんじゃ、2024年に開催される《男祭りヒラメ大会》で結果が出せないではないか。

『次はイワシの反応狙いに切り替えます』

『アタリは減りますが、型はいいですよ~~』

今までのストラクチャー狙いの練習を続けたいが、イワシ狙いもやっておかないとな!!

いくつかのポイントを試したがこれといった盛り上がりはない。

こうなるといつもの港内のポイントに移動になる。

港内のポイントは東京湾の太刀魚船団のように混んでいる。

イワシの反応狙い‼️大船団に突入‼️

水深は20m前後。オモリは60号に変更する。

海底は砂地??なのかわからないがオモリは海底に突き刺さる。

そして起伏もないのでつまらない。これが本音。

それでもたま~~に誰かがHITする。余り続かない⤵⤵⤵⤵

周りの船でも釣れているイメージが無い。こんな感じなの???

ここで小移動する。加瀬船長だけちょっと離れた場所になる。

残り時間は後30分。

この場所に移動してから3枚連続誰かががHIT中。

『このような場所はたまっているはずだから、集中してください』

『最後まであきらめないで!!』

こんなアナウンスを聞いてイワシを取り換える。大きなイワシしか残っていない。

船には追加のイワシはないらしい。

『ここではべた底ですよ』

流れもないのでハリスを50㎝にカットする。

流れが無いときは短く、流れが強いときは長くする。これがセオリーだと思う。

そして着底後1分くらいたった時!!!コンコン???コンコン・・

グググ・・・そしていきなり食い込み!!!キターーーーーー

きました‼️‼️大判ヒラメ(^^)

慌てずゆっくり大きく合わせ電動ではなく手巻きで大切に・・・・

中乗りの美奈子さんにタモ取りしてもらい見事GET!!

こんなサイズのヒラメ(久しぶり)

やったー!大判ヒラメ。最後にドラマが待っていた~~~

3.5㌔クラスのヒラメだった。

これで時間いっぱい終了~~~

結果発表

今日のタックル

ロッド:極鋭ヒラメ270MH

リール:フォースマスター600

ライン:PE2号+リーダー30BL

ロスト:仕掛け3組(80号オモリも3個)ハリスは5本

船釣果:0枚~10枚(最大は4㌔クラス)

N氏:0.5、1.5、2.0の3枚

釣果:0.3㌔、0.4㌔、3.8㌔の3枚(結果的には大満足)

70㎝オーバー
3.8㌔の大判ヒラメ 

反省会

2023年の最終でヒラメ釣り(笑)(笑)(笑)

よかったよ~~~年末の親戚の集まり。

ヒラメとフグとタコ。鹿島の魚をふるまう事が出来る。皆、喜んでくれるかな(笑)(笑)(笑)

ヒラメ、デカいなぁ〜

猫:お土産はヒラメ???たくさん食べたいよ~~~🐈

大晦日:親戚の集まりでヒラメ、フグ、タコの盛り合わせ

大晦日の集まりでは

『ヒラメのナメロウ』『エンガワの刺身』『珍味の胃袋』『ショウサイフグの刺身』『タコ』

そして『ふるさと納税のホタテ』こんな感じで3皿分用意できた。

皆、大感激してくれたよ~~釣りって楽しいね~~~

そして今年1年ありがとう!!!(58回も釣行できた~~)

また2024年も遊びます~~~よろしくお願いいたします。~~~~(笑)(笑)(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました