鹿島 フグ釣り《久しぶりのショウサイフグ》

第54回

2023年12月10日(日)晴れ☀️

鹿島港 不動丸 ショウサイフグ🐡

準備編

12月になった。何かと週末に予定が入る月だ。

金曜日の夜は忘年会??そうなると土曜日の釣行は無理になってしまう。

そして今週は日曜フィッシング!!仲間のN氏と【久しぶりのフグ船】

調べたら7月以来のフグ船だった。

11月、12月とフグの釣果が悪くお客さんが集まらないらしい。だから小型船になってしまう。

今回は8号船。片側6人、満船で12人の小型船だ。

②③の釣り座を確保する。

小型船で出船‼️

最近、フグが釣れていないが、何とかなるだろう~~と軽い気持ちで挑む。

釣り餌は【塩漬けのアルゼンチン】を持参する。

仕掛けはチラシ針仕掛けの方が釣れる気がするので色々考えてみた。

そしてこれを試してみよう!!

今日のテーマ:チラシ針でフグを釣る!!

タイラバの針を付けてみた。

チラシ針を製作する時間がなかったので、【タイラバの替え針】を取り付けてみた。

完璧でしょう~~~~(笑)(笑)(笑)

実釣編

片側6人。12名の満船状態で出船となる。

5時出船→6時20分ポイント到着。

かなり遠いポイントまで来たものだ。とても寒かった🥶🥶

この船は船室がとても狭く2~3人しか入る余地がない。

だから・・・ず~~~と外で待機。釣り座で固まっていた。

晴天☀️ベタ凪の海

幸い、天気は良好で波しぶきもかからない状態だった。非常にありがたい

『最近は深い所しかフグがかからないです。オモリは30号にして下さい』

『水深37m。所々根がかりします。準備できた人からどうぞ~~』

周りの人達の道具を確認する。

電動リールの人が5人、手巻きリールの人が7人。ほぼ半々だね。

試してみたいタイラバ仕掛けにアルゼンチン赤エビを3個つけて投入~~

深いね~~37mは。ちょい投げして着底するとカウンターは44mになる。

糸ふけを取りゆっくりと持ち上げる。再度ゆっくりと着底させる。

その時、隣でN氏の竿が・・・・ファーストHIT!!投入後、約30秒。

めずらし~~~~N氏が船中第一号とは・・・・

今度はミヨシ①のお客さんがかけた!!

『今、3人が掛けてますよ~~いい型のフグですね』と船長のアナウンス。

左舷側でも釣れているらしい。

でも焦らない、焦らない、焦らない、・・・呪文のように唱える。

『ハイ、あげて下さい。もう一度やり直します』

『同じく水深37m。所々根がかりしますので注してください。どうぞ~~』

ちょい投げして着底。糸ふけを取る。これの繰り返し。繰り返し。

ミヨシの人がまた掛ける。2匹目かぁ~~焦らない・・・・

エビ餌チェックの為、一度回収してみる。するとラバーのひらひらが・・・

ひらひらとカットウ針が絡んでいる。さっきも絡んでいた。これはデメリットでは??

ラバーをハサミで短くカットする。これなら大丈夫かな??

再投入。丁寧に底をリトリーブする。

うわっ!根がかりかぁ??

いやっ!!違う!!ムニュムニュ??これは???

ドラグが滑って上がってこない。リールの力が足りない??フルロックで巻き上げる。

フグより先に良型のタコ🐙

船長がタモをもって待機してくれる。

『タコだね。ゆっくり少しづつでいいから・・・』

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!推定1.5㌔~2.0㌔のタコ🐙🐙🐙

重たかった(^^)

カットウマダコ!!タコの釣果がいいので網も一応持ってきていた。

良かった~~~あとはフグを釣ればお土産になりそうだ。

ここでタイラバの針を諦めた。よく絡まってしまう。

チラシ針のパイプには意味があったのだ。あのパイプによって絡まらないのかあ~~

自作チラシ針に変更する。(1年前に作った仕掛け)

AM8時

現在ショウサイフグのTOPは3匹。0匹は私を含め3人だけ。

12人で14匹くらいだと思う。

仕掛けも交換したし、もう大丈夫!!これから追い上げだ~~~~(笑)(笑)(笑)

『水深40m。ここは根がかりはあまりしないと思います。下は砂利場です。石を拾ってくる事があります』

根掛かりが無いのならと遠投して探る。カウンターは53mになる。

深すぎる、深すぎるよ~~たまにアタリがあるが掛けられない。2回ほどアタッタが・・・

そのまま手前までもってきてカウンター46m。そして元気いっぱいのコン、コン。

すかさず、あわせるとHIT!!!!

気分的に楽になる。良型のショウサイフグ🐡🐡

周りでも何人かが釣っている。ミヨシの人はすでに5匹目。

エビ餌を付けて再投入。写真はまだ撮らない。《もっともっと釣れる予定だった》

石も2回ほど釣り上げた(笑)

『あげて下さい。移動しますね。20分ぐらい走ります』

また、釣座で固まる事になる。次はもっと早く来て後ろの席を取ろう。

『ここは先週よく釣れたポイントです。水深36m。たまに根がかりあります』

ここでも丁寧に底取りをすると、ゴン!!と強いアタリ。

一発でヒット。オッ!!大型フグだね。

上がってきたのは大型のサバフグ。うわぁ~~ピカピカのサバフグ~~~~(笑)(笑)(笑)

チラシ針が食いちぎられた。(3本針が1本針に・・・・)

チラシ針仕掛け【大失敗】

せっかく釣れている場所なのに~~ここでまた次の自作チラシ針に交換する。

ここでも写真は無い。《もっともっと釣れる予定だった》

9時30分

現在ショウサイフグのTOPは5匹。もうオデコはいない。0~5匹。

マダコは全部で3ハイ。🐙🐙🐙よく釣れるね~~

『マダコ船、苦労しているよ~~今日は潮が流れないからね~~』と船長。

それではタコ船より釣ってしまおう~~と意気込む。

フグ船は小移動を繰り返しながら、ポイントを転々と回る。

空振りポイントもたまにある。大概は1~3匹だけ釣れておしまい。

たまに、誰かがタコを釣る。

何故か1投目以外は釣れないのだ。だから1投目が重要になる。

それなのに・・・アタリはある。掛けられない。掛けても途中でバラす。

そして、チラシ針が切れている。また2本切れて1本針になっていた。

作りが悪くて抜けたのかもしれない。

もう駄目だ。タイラバの針を外してカットウ針を取り付けた。

チラシ針を外し、
カットウ針を付けた。

10時30分

『後、30分くらいです。今日はかなり遠くまで来ているので延長は出来ません』

『港まで1時間半くらいかかります』

『さぁ、頑張ってください』

流し変えて1投目。

ちょい投げからの着底。そして誘い。すると!!小さくコン、コン、コン

久しぶりのHIT!!!!

やっと3匹目。

良型のフグだか、3ヒキだけ・・・

最後のこの流しが今日一番の流しになった。

何人かが連続して釣り上げている。たまに石が釣れてしまうが・・・

この流しでは4回あたりを感じることが出来たが・・・全く手が合わない。

1匹しかとれなかった⤵⤵⤵

下手だねェ~~自作チラシ針がいけなかったね。それとタイラバの針。

1日の2/3がダメな仕掛けだった。何かくやしい~~~

ここで時間いっぱい。終了~~~~

結果発表

今日のタックル

ロッド:宇崎親日 極技カットウ1702

リール:グラップラーCT

ライン:PE1号+リーダー25BL

ロスト:無し

釣果:ショウサイフグ2,サバフグ1,タコ1(1.7㌔)

船釣果:ショウサイフグ1~11、タコ5、サバフグ6くらい

寂しい😔釣果になってしまった。

まとめ

いやぁ~~今日は準備不足だった。でもタコ釣れて良かった。何とか形になったよ~~

本来なら後5~6匹は釣れているはず・・・

やはり仕掛けは以前の下オモリ式カットウにしよう。作戦ミスだよ。

それと小型船について。

今日は8号線の前方に乗ったのだが、船のヘリが低くてビックリした。

膝上くらいしかない為、波があったら危ないかも??

真ん中より後ろには柵が付いているので少し安心だが・・

次は絶対に真ん中より後ろの釣り座を取ろうと思った。

あと、笑える話として。

船中1号のフグを釣ったN氏。その後約5時間もの間フグが釣れず・・・・

最終釣果は1匹になるとは・・・可哀そう~~~~(笑)(笑)(笑)

でも、タコ🐙がつれたね~~良かった(笑)

TOPで11匹とはねェ~~まだまだ本調子にはならないね~~

アタリは多数あるのに取れなかったから年内にもう一度挑戦するよ!!準備を整えて。

『フグ🐡は食えるのか?』『早く持ってこい』(笑)(笑)(笑)

釣果が悪いのであげないよ~~また今度ね~~(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました